サイト内検索

軟弱地盤の動態観測

土木・建設工事の地盤や構造物の挙動データを収集

 盛土や切土の際の軟弱地盤計測には、地盤の挙動=地盤の沈下量、水平変位量、鉛直変位量、間隙水圧などを計測・解析し、施工管理を行います。

 また、建設後の構造物の挙動にも注意を払う必要があります。

 

盛土の動態観測の概念図

 

 

「自動動態観測システム」により地盤・構造物の挙動をモニタリング

自動沈下板や、傾斜計を多段に設置した地中変位観測。磁気ひずみ変位センサを利用した、小孔径の「層別沈下計」など、現場向けの計測機器とを組み合わせることで、人手を極力少なくして、長期無人計測が実現します。

 

 また、盛土の沈下量を測量するための「沈下板」や埋設管の沈下量を測定する「沈下棒」の販売も行っております。

 

 これらの計測機器に、携帯(FOMA)パケット通信とインターネットを接続した「Webモニタリングサービス」を利用すれば、現場事務所や会社、自宅で地盤や構造物の挙動を24時間リアルタイム管理も可能です。

 

自動沈下板

層別沈下計

傾斜計による地中変位計測

沈下板の販売

沈下棒の販売