サイト内検索
ホーム > 技術・施工 > 計測・監視システム > 防災監視システム > 機器構成-土砂災害警報システム

機器構成-土砂災害警報システム

機器構成

土砂災害警報システムで用いる、主要な機器の特徴をまとめました。

 

 

 

警報ユニット

現地では、1ch警報器または2ch警報器によりセンサーの異常を監視し、異常値を感知した場合には警報用の接点信号を出力します。

電源は、災害時に停電の心配の無い太陽電池とDC12Vバッテリーを使用したソーラ駆動電源です。

 

使用機器名

 ・1ch警報ユニット GAU-01A

 ・2ch警報ユニット GAU-02A

 ・4chネットワークロガー GS-0055

 ・太陽電池ソーラ電源設備

 

現地独立型の警報ユニット

 

4chロガーと携帯FOMA通信装置を組み合わせた警報盤

 

通信装置

警報器が異常値を感知した場合、警報信号を有線または無線で伝送します。

携帯電話(FOMAなど)のパケット通信を利用しセンタ管理するWeb遠隔警報サービスもあります。

 

主な通信機器

 ・有線(通常300m程度)

 ・特定省電力無線モデム GS-0031

 ・小エリア無線モデム GS-0064

 ・無線リレー(無線接点伝送装置)

 ・電話回線(公衆回線,ISDN,ADSL,Bフレッツ)

 ・FOMAパケット通信(ユビキタスモジュール)

 ・電源設備(太陽電池とバッテリ)

無線中継装置+警報ランプ

上:無線リレー(無線接点電送器)

下:太陽電池充電コントローラ

 

警報表示機

警報器が異常値を感知した場合、サイレン・回転灯(パトライトなど)により危険を知らせます。また、無線リレーなどの通信装置との接続も可能です。

 また、センタ-側から携帯電話を利用し、サイレンを鳴らしたり、警報メールを配信するサービスも可能です。

 

使用機器名

 ・無線リレー

 ・サイレンアンプ DC12V 20W

 ・サイレンスピーカー 10Wタイプ

 ・警報表示器(サイレン、回転灯赤=警報表示、回転  灯黄=故障表示など)

 ・電源設備(太陽電池とバッテリ)

中型のサイレン・回転灯

小型のサイレン・回転灯

 

監視カメラ

最新のWebカメラを設置すれば、ISDNやADSLの電話回線で、低コストで,動画に近い画像を、インターネット経由で見ることができます。

従来型のITVカメラ

最新のWebカメラ