サイト内検索

Web遠隔監視の紹介

Web遠隔監視システムの概要

防災情報のインターネット観測とWeb遠方監視

FOMAとインターネットの中継方式

 

●現地観測局の計測器のデータは、一定時間毎に携帯電話や有線回線を経由しサーバセンターで収集されます。離れた場所を遠隔で監視できる自動モニタリングのシステムが容易に構築できます。

 

●サーバセンターに送信されたデータは、いつでも(平日、休日問わず)、どこでも(会社、自宅、外出先問わず)、誰でも(ID,パスワード入力)インターネットのWeb画面をから確認できる、インターネット観測システムです。

 

●あらかじめ設定しておいた警戒基準に達した場合、現地の警報パトライトを回したり、メールを自動発信し異常をお知らせします。また、機械の損傷や通信回線の障害も、管理者にメールを送ることもできますので、データ欠損を防ぐこともできます。

 

●観測データーをWeb上からCSVファイル形式でダウンロードし、表計算ソフトで好きなグラフ形式でまとめたり、解析作業に利用したりすることが出来ます。

 

●斜面監視や土石流監視、工事現場での安全対策に利用できます。

 

●ISDNやADSL、Bフレッツ回線が利用できれば、Webカメラを設置し、インターネット上で、現場の画像を見ることもできます。

 

 

携帯とインターネットを結合させた、Web遠方監視システム

 

 

多彩なセンサを接続できる遠隔監視システムです。

●法面工事で、積まれた大型土のうの転倒、崩壊兆候の早期発見に地表傾斜計を設置。

●斜面崩壊後の不安定な落ち残り土塊の監視用にインバー線式の伸縮計を設置

●急傾斜地の2次壊後の監視を目的として伸縮計を設置。

●砂防堰堤下流側の工事で、土石流を検知し、土石流到達前に避難警報を出すのに傾斜計利用の土石流センサー設置

●砂防堰堤下流の砂防工事で、工事の安全管理対策を目的として渓流部に水位計を設置。

●盛土工事中のボックスカルバートの不等沈下量の施工管理にマルチ変位計を設置しWeb観測を実施。

 

 

 

地すべり自動観測 土石流監視 地中変位計測 地表変位計測
地すべり・土石流警報 水位・地盤沈下観測測 気象観測 計測機器販売